日本人は英会話が下手だと定評がある?

アメリカで何年か暮らして、実感したことがあります。

それは日本人の場合、大人になってから始めるてしまうと英会話の勉強にかなり困難を生じると言うこと。もちろん、自分が実感したからわかったことなんですが。

ここで言っているのは文法や読み書きのことではなくて「音」。つまり、「聞き取る」ということや、相手(アメリカ人)に聞き取ってもらえるように「発音する」という意味で、英語の音を学ぶことです。

どうしてそう思ったかと言うと、日本語の場合は英語と比べてかなり音の数が少ないので、日本人は「英語の音を学ぶ」という意味では不利だからです。

大人になって発声のための筋肉も出来上がってしまった後になると、「自分の母国語に無い音」を発声したり 聞き取ったりすると言う事はかなり訓練しないと難しいからです。

というか、実際に渡米してからもう何年にもなりますが、未だに聞き取れない音があります。発声の方は何年もかかって直しましたが、私の場合は発声を調整してくれるボランティアさんに出会えたというのが大きく、普通はここまでラッキーなことは起こりません。

実は、有料の個人クラスも受けたことがありますが、1時間で100ドル(1万円以上)しましたし、何回か習ったあとは早口言葉みたいになっちゃって、あまり実生活に役立ちそうにないのでやめました。

なので聞き取りの能力や、発声のための筋肉が固定化してしまう前に、そう、できれば音に対して柔軟に学ぶ能力のある幼児のうちに音だけは基礎を学んだ方がほうがいいと思います。

そんな幼児用英会話教材が英語教育で長い実績のあるアルクから出されたそうです。

幼児用の「音」に特化した教材。つまりタブレットとアプリを使って、「聞く」と「話す」を幼児のうちに楽しみながら学ぶのだそうです。しかも、 ぬいぐるみと英会話できるそうで、これ、楽しそう。 ARテクノロジー?今の子どもたちはこういう手段が使えるから羨ましい。

まだ始まったばかりで口コミは全く出ていないようですが、こういう教材で、これから私の様に苦労する日本人の大人が1人でも減るといいなと思います。

幼児用英会話教材

母のおせち手作りには今もかなわない

子どもの頃毎年年末になると、決まって家中の窓拭きとお風呂掃除が私の担当でした。
そして母と一緒に近所の商店街へおせち料理の材料を買いに行くのが恒例でした。
八百屋さん、乾物屋さん、お肉屋さん、お魚屋さんと個人商店をまわり、お店の人たちと年末の挨拶を交わしたものです。

母は紅白なます、田作り、栗きんとん、伊達巻といろいろなおせちを手作りしてくれました。
中でも黒豆は本当にふっくら柔らかく、甘くてツヤがあり私の大好物でした。思えば当時は圧力鍋はなく、手間と時間をかけての料理でした。

そして思い出深いのが筑前煮です。にんじんを梅型に、レンコンを花レンコンに、こんにゃくは短冊切りにして真ん中に切り込みを入れて片方をくるっと中に通して手綱にする母はまるで魔法使いのようでした。
私はこんにゃくの手綱を手伝うのが好きでしたが、時々深く切り込みを入れてしまい、いくつか失敗したものです。
残念ながら母は亡くなり、母のおせちを口にすることはできなくなりました。現在私は社会人の娘と大学生の娘がいます。

私にとってはおせちを作るのは大変な作業でハードルが高いので、毎年購入しています。
今年も専門のおせちを注文します。ただ今でも黒豆と筑前煮だけは泣き母を思い出し手作りしています。
もちろん圧力鍋を使っていますが、頑張っても母の黒豆にはかないません。

母と私の思い出は娘たちに引き継がれ、今になっても暮れの大掃除で窓拭きとお風呂は娘たちの担当です。
黒豆はおばあちゃんの味とは違うと言う娘たちですが、一緒にキッチンに立ち一年あった出来事を振り返りながら筑前煮の野菜切りをします。
そして必ず母の思い出話をして楽しい時間を過ごします。

今はお正月の2日目にはハンバーグやすき焼きを食べたがり、実際に洋食やジャンクフードも口にする娘たちですが、黒豆と筑前煮だけはなくなるまで毎日食べます。
亡き母と私の黒豆と筑前煮の味が娘たちの思い出のおせちになり、未来の孫たちの思い出のおせちとなるのが夢です。

思い出の手作りおせちコスパ高いで専門おせち

実家で親と同居しているので母の手作りおせちを受け継ごうと張り切っていたのですが2年前夢破れました。
母、曰くおせちは作ると大変なので買う方が断然にコスパが良い言われてしまいホテルおせちが定番となり手作りおせちから遠ざかっています。
今更、おせちを教える為に一から作り方を教えるなん体力的にて無理だからと拒否されたのです。

おせちは作る前に買い物、下ごしらえ、重箱の準備と一連の流れがあり、
これが結構重労働になるので高齢になると億劫になるようでもう無理だからと言われています。
母はおせち卒業宣言をしてしまいました。私が転勤で実家から離れていたのでちょっとタイミングが遅れたなと残念にも思うのですが、
今はどこの家庭もそのようで手作りしている方の方が少ないのかなと思います。

実際、手づくりすると日持ちしないので捨てることも多いから昔みたいに大量に作る事はしないと言う人も多いようでです。
私が子供の頃は12月の後半の早い時期からおせちの材料を用意をする母の姿を懐かしく思い出します。
重箱にしく葉っぱを取りに山に行ったり、飾りに使う南天の実を洗ったりとお手伝いをしていた楽しい記憶があります。

様々な種類の蒲鉾を順に並べて行ったり多くの食材は重箱と言う箱の中に収まっていく工程は子供ながらにワクワクとして見ていました。
お正月にその箱を開けてどれから食べようかと悩む楽しみは今でも心に残っています。
出身が九州なので蒲鉾類がとても豊富で蒲鉾だけぎっしり詰まった段が一番の楽しみで大好きでした。

今はその名残でホテルおせちにプラスして蒲鉾を大量購入している母ですが昔の癖が抜けないのかなと微笑ましくも感じています。
年月と共に家族のあり方も変化しお正月の過ごし方も様々な姿があると思いますが、私の原点は母が作るおせちであって思い出すと素敵な思い出だなと思います。
今年は年老いた両親の為にヘルシーで健康志向のホテルおせちにして見ましたが蒲鉾は沢山用意したいと思います。

専門のおせちを注文する

物心つく歳から毎年12月28日頃までには、年越し、おせち、そして新年に必要な食材を色々なスーパーを回り大量に買い出しをし終え、
12月29日からは松前漬け、なます、豆の煮つけ、栗きんとんなど時間が掛るものから徐々に作り始めました。

その中でも松前漬けとなますの下準備は子供達の担当と決まっており、姉と私は膝の真ん中に大きなボールをセットし、
キッチンバサミを片手に松前漬け用のするめの一夜干しと大きな乾し昆布を手が痛くなりながらも、年賀状を誰に書いたかやな、
今年はお年玉がいくら貰えるだろうか、また何をそれで買うかなど話しながらひたすら切っていた事を覚えております。

それが終わると、なますの準備がはじまり3歳年上の姉は包丁をつかい大根やニンジンを切り、私は皮むきをしたり、
ゆずの皮を削ったりと母親から次から次へと注文がくるので、嫌でもキッチンから離れられない数日間が毎年毎年続いておりました。

これも小さい頃から大晦日までは女性陣総出で年末年始のお料理を準備する事がその年最後の仕事である。
と言われ続けてきたので祖母が他界をしてからも女性陣だけで買い出しに出向き、手間暇をかけ1から準備をしました。
大晦日の夕方には3つのお重いっぱいに、3日間作り続けてきたお料理を彩りよく並べ、最終の大掃除をやり切りました。

そして元旦の朝からはお雑煮を温めなおしお餅を入れ、おせちとの最強コンビで新年を迎えておりました。
今年10年ぶりにUターンで田舎に戻り暮らし始めておりますので、今年は昔みたいにおせちを作ろうねと母親に手伝いを楽しみにしている事を伝えたら、
母親からは『おせちはプロに任せます』と専門のおせち注文を先日宣言されました。

私の家族から古き良き伝統はなくなりつつありますが、美味しい味が手頃に食べれるようになってもおせちは、
日本人にとっては新しい年を迎える大切な味ですので、これからもおせちは食べ続けます。
この新年におせちを食べるという習慣は無くさないと心に決めております。

年齢よりも老けて見えてしまう手のケア方法

わたしは32歳の主婦です、独身の頃は実家にいたので27歳で結婚してから家事全般をするようになって、手の甲のシワが増えてカサカサしていて自分の手を見てびっくりしました。冬になるとますます乾燥がひどくなって指先の皮膚が割れそうになります。

ハンドクリームをこまめに塗っても、洗い物や料理で手洗いを頻繁に行うのでなかなか潤いませんでした。また、今まで顔や首、体は日焼け止めをこまめに塗っていましたが手の甲は塗り直しなどをしていなかったからか、小さなシミや黒ずみが気になるようになってきました。

何も対処しないとどんどん老化が進んでしまいそうなので、寝る時にオイルを手にたっぷり塗り込み、百円均一で売っていた「おやすみ手袋」をしてみました。翌朝にはしっとりとふっくらとした肌になって乾燥が改善されました。今はコロナの影響で消毒をする機会が増えて、より乾燥がひどくなってきましたがおやすみ手袋のおかげでだいぶ変わったと思います。

最近は外出自粛の影響か日焼けをせず、黒ずみも保湿によって改善が見られています。潤っていると肌色が明るくなるとは知らなかったので驚きでした。手の甲がシワっぽくて年齢よりも老けて見えてしまうのが悩みでしたが、潤っていると若返ることがわかりました。何もしなくても潤っていた10代、20代とは違い、30代からは自分の力で潤え無くなってしまうのだと気づきショックを受けましたが、それならば上手く付き合っていこうと思います。

洗っても落ちてしまうハンドクリームよりも、洗っても落ちにくく、しっとり保湿してくれて肌に優しく、もし少量口に入れてしまって安全なワセリンを使うようにしています。ワセリンを使うと少しヌルッとした保湿感があり、スマホを触ると指紋が付きやすかったりとデメリットもありますが、手洗いをしても落ちにくく保湿が持続するのがメリットだと感じています。

何より安いのでお得です。乾燥すると爪の周りが乾燥してにささくれができてしまうのですが、ワセリンを塗り始めてから爪の色もよくなってささくれができにくくなったと思います。これからも日焼けに気をつけて、保湿を続けて綺麗な指先や手を維持していけるように努力していきたいと思います。

シロジャム(Sirojam)の口コミを検証!効果を30代主婦が体験レビュー