専門のおせちを注文する

物心つく歳から毎年12月28日頃までには、年越し、おせち、そして新年に必要な食材を色々なスーパーを回り大量に買い出しをし終え、
12月29日からは松前漬け、なます、豆の煮つけ、栗きんとんなど時間が掛るものから徐々に作り始めました。

その中でも松前漬けとなますの下準備は子供達の担当と決まっており、姉と私は膝の真ん中に大きなボールをセットし、
キッチンバサミを片手に松前漬け用のするめの一夜干しと大きな乾し昆布を手が痛くなりながらも、年賀状を誰に書いたかやな、
今年はお年玉がいくら貰えるだろうか、また何をそれで買うかなど話しながらひたすら切っていた事を覚えております。

それが終わると、なますの準備がはじまり3歳年上の姉は包丁をつかい大根やニンジンを切り、私は皮むきをしたり、
ゆずの皮を削ったりと母親から次から次へと注文がくるので、嫌でもキッチンから離れられない数日間が毎年毎年続いておりました。

これも小さい頃から大晦日までは女性陣総出で年末年始のお料理を準備する事がその年最後の仕事である。
と言われ続けてきたので祖母が他界をしてからも女性陣だけで買い出しに出向き、手間暇をかけ1から準備をしました。
大晦日の夕方には3つのお重いっぱいに、3日間作り続けてきたお料理を彩りよく並べ、最終の大掃除をやり切りました。

そして元旦の朝からはお雑煮を温めなおしお餅を入れ、おせちとの最強コンビで新年を迎えておりました。
今年10年ぶりにUターンで田舎に戻り暮らし始めておりますので、今年は昔みたいにおせちを作ろうねと母親に手伝いを楽しみにしている事を伝えたら、
母親からは『おせちはプロに任せます』と専門のおせち注文を先日宣言されました。

私の家族から古き良き伝統はなくなりつつありますが、美味しい味が手頃に食べれるようになってもおせちは、
日本人にとっては新しい年を迎える大切な味ですので、これからもおせちは食べ続けます。
この新年におせちを食べるという習慣は無くさないと心に決めております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です